こんにちは、Mehです。
パンパシフィック北京宿泊記、前回のデラックススイート滞在編に続き、今回は朝食編です。
パンパシフィック北京

ブレックファストブッフェ:6:30am - 10:30am
C3C4501B-0A8A-4220-BD1F-5D170D9F7059
朝食会場はフロントデスクすぐ裏のオールデイダイニング、エクスチェンジ。
行ったのは午前9時ごろ。
レストラン内は大にぎわい…というかスタッフが足りてない感じで空いてるテーブルはあるものの、片付けられておらず、1階の席では無く半2階のエリアに案内されました。

パンパシフィック北京朝食
半2階のエリアはちょっとしたイベントにも使えそうな、緑いっぱいの落ち着いたエリアでした。
コーヒーが欲しかったのですが、スタッフさんが忙しそうに行ってしまったので仕方なくご飯を取りに行くことに。

パンパシフィック北京朝食
サラダコーナー。

パンパシフィック北京朝食
フルーツ諸々。ヨーグルトがそのまま常温で置いてあったのには少しびっくり。

パンパシフィック北京朝食
コールドカッツ類。

パンパシフィック北京朝食
豊富なパン類。クロワッサン、ドーナッツ。

パンパシフィック北京朝食
デニッシュ類は人気なのか数が少なかったです。

パンパシフィック北京朝食
たくさんのソーセージや揚げ物。
すぐそばでシェフが焼いてくれているので熱々で美味しかったです。

パンパシフィック北京朝食
パンケーキと美味しかったローカルクレープ?パンケーキ?

パンパシフィック北京朝食
そばではジュージューとおいしそうな餃子が焼かれていました。
美味しくて何回かおかわりしました。

パンパシフィック北京朝食
あと個人的に気に入ったのがこのお豆腐。
ホテルで作っているという暖かいお豆腐にお好みで薬味やソースをかけて食べるというもの。
熱々のお豆腐は滑らかでとっても美味しかったです。

最後に
卵料理やソーセージなどのおなじみの朝食メニューは勿論、餃子やお豆腐など地元メニューもあり、バランスのとれたメニューでした。
飲み物もコーヒー・紅茶以外にもジュース類が置いてあるので自由に飲めるのもグッド。
ただ本当にスタッフが足りなかったのか、 食べ終わったお皿が片付けられなかったり、コーヒーをもらおうとしたものの、中々スタッフさんを捕まえられなかったのが残念でした。
部屋もフロントや他のスタッフの対応が良かっただけに特に印象的に残ってしまい、レストランのスタッフが悪いというわけでは無く数の問題でしたので、今では改善されてることを願います。




関連記事↓