こんにちは、Mehです。

今回はこちらの映画の舞台にもなった神秘的なお寺を見に石家庄に来た際に宿泊した、ヒルトン石家庄での滞在記です。
ヒルトン石家庄

ロケーション


ヒルトン石家庄はオフィスが集まるビジネス街のどまんなかに位置しており、空港からは車で40分、石家庄駅からはタクシーで15分ほど。
北京からはハイスピードトレイン、日本でいう新幹線を使うと1時間半ほど、乗り換えなしで石家庄駅まで行くことができます。
ホテルからほぼ隣には河北省博物館、上の今回の目的だったお寺まではタクシーで1時間半ほど。
また徒歩1分の距離に大型のショッピングモール、またその周りにもたくさんの地元のレストランが集まっており、食べることにも困らない立地です。

ホテルロビー
ヒルトン石家庄
こちらが車寄せのある1階のロビー。
オフィスビルの中に入っているので、ビジネスマンの方もちらほらいました。
一階にもホテルスタッフがおり、荷物を手伝ってくれたり高層階にあるホテルロビーへつながるエレベーターまで案内してくれました。

ヒルトン石家庄
ホテルロビー階にあるフロントデスク。
とても広く、スタッフも常時十分なほどいたのでチェックインやチェックアウトの時などに待つことはありませんでした。

ヒルトン石家庄
ロビーからは天井まであるガラス越しに町並みを一望できます。

エグゼクティブキングルーム:45㎡
ヒルトン石家庄
今回滞在したのはエグゼクティブラウンジアクセス付きのエグゼクティブルーム。
お部屋の大きさ自体はスタンダードなものと変わりはありませんが、エグゼクティブルームは高層階に位置しており、さらに眺めがいいとのこと。
実際今回の部屋はなんと驚きの50階以上!(詳しくは忘れました…)で、ちょっと高すぎたのかエレベーターで上がる時少しフラフラしました笑

ヒルトン石家庄
なんとヒルトンが入ってるビルは石家庄で一番高いビルらしく、窓からの景色は全て見下ろす形に。
大気汚染の影響で空気が淀んでいるのは仕方ありませんが、それでもかなり遠〜くまで見渡せます。

ヒルトン石家庄
ベッドは広々のキングサイズ。柔らかすぎることもなく丁度良いふわふわ具合で寝やすかったです。
大気汚染のことも考慮してかちゃんと空気清浄機も。

ヒルトン石家庄
バスルームはよくある透明なガラス張りですが中から開け閉めできる自動ブラインド付きです。
右後ろ、写真を撮っている背中側にはちゃんとドア付きのシャワーブースとトイレがありました。

EA5BBAB0-4160-4BFA-9A8C-61A6AEE006E8
窓際にはソファとオットマン。素敵な景色を楽しみながらここでリラックスできそうです。

ヒルトン石家庄
そしてウェルカムアメニティとしてフルーツ、カード、なんとマカロンは名前入り!
そんなに難しい事ではないというのは分かってはいますが、このようなパーソナライズサービスが嬉しいです。
やっぱり自分の名前入りというのは特別感がありますしね。

最後に
ヒルトン石家庄
今回初めての滞在だったヒルトン石家庄。
珍しくホテルではなく観光地目当てで来た街でしたので、ホテルの事前リサーチなどもせずで、着いてみたら想像以上に立派なホテルで驚きました。
お部屋自体はデザインがすごい!超ハイテク!等といった目新しいことは特にありませんでしたが、逆に不便と思うこともなく、電気系統も水周りも使いやすく、とてもストレスフリーな滞在。
2013年オープンとのことですが、まだまだ絨毯も家具も新しい印象。清掃も行き届いていました。
北京や上海などと比べると決して大きな街ではありませんが、スタッフさんもちゃんと英語が話せるのでコミュニケーション面で困ることはなかったのも良かった点。
不慣れな私たちのために色々相談にのって頂いたり、どのスタッフさんも親切だったのも印象に残りました。
そして料金も日本円にして1泊1万円しないというのも大きなポイント。
石家庄にいく機会があればぜひぜひおすすめしたいホテルです。